1.会社の「今」をお伝えします

会計の数字や分析結果を、図やグラフを使ってわかりやすくお伝えします。

会社の「今」の姿を表すのは会計です。

会計は、お金の出入りとは関係なく、今日一日に何がいくら売れた、何にいくら経費を使ったのかを日々積み上げ、差し引きもうけはいくらになっているのかを示す数字であり、その結果、今、会社に財産がいくらあるのか、この先支払わなければならない請求書や借金がいくらあるのかを示す数字です。

積み上げた結果の数字だけでなく、日々の売上や経費、今現在の財産や支払い義務の内容を分類したり、比率を求めたりして分析することにより、会社の「今」がどうなのかを探り、わかりやすくお伝えします。

2.お金の仕組みをお伝えします

会計の数字とは別に、お金の出入りがわかる資料を作成し、図やグラフを使ってわかりやすくお伝えします。

会計とお金の出入りは、大抵、タイミングがずれます。極端な話、商品を売った相手の顧客から売上代金が振り込まれるのが2ヶ月後なのに、仕入先に仕入代金を支払うのは1ヶ月後、ということもあるかもしれません。

お金が回らなければ倒産します。働いているわりにもうかっていない気がするのは、お金が十分に回っていないからかもしれません。

会計とお金の出入りのずれを正確に把握することにより、お金が回るようにしていきます。

3.税金の見込額をお伝えします

年度の初めに利益の予測を立て、利益の予測をアップデートすることにより、早め早めに税金の見込額を見積ることができるようにします。

そうすることにより、その場しのぎでない、会社にとって長期的にメリットがある節税対策を考えることができます。

税金は「もうけ」に対してかけられますが、税金の「もうけ」と会計の「もうけ」とはまったく同じではありません。会計の「経費」と税金計算の「経費」とは異なる場合があるからです。

税金計算の「経費」にならない経費を使わないようにするため、会計の「経費」と税金計算の「経費」との違いもお伝えします。

4.「なりたい未来」に近づけるようお手伝いします

「なりたい未来」と「今」を定期的に比較し、目標に近付いているかどうかをお伝えします。

今のままだと「この先」どうなるか、今よりもっと売上が落ちたらどうなるか、シミュレーションすることはできます。

それよりも「この先どうなりたいか」を考えて、目標にしませんか?

まずは1年後の予測・目標から。イメージできるのであれば、3年後、5年後の目標を立ててもよいでしょう。

私は、社長の考える「なりたい未来」を数字に置き換えます。それを、会社の「今」を表す数字と比較することにより、目標に近づいているかどうか、近づくためにできることは何かを考えられるようにします。

人をもう一人雇ったら?社員のお給料を上げたら?お店をもう1店舗出したら?などの具体的な仮定を置いて、会計、税金、お金のシミュレーションを作ることも可能です。

5.将来のためにお金を残すことを重視します

いざという時や社長の退職の時に備え、会社の将来のためにお金を残すことを重視します。

お金が回るようになったら、お金の備えが必要です。

例えば、万一社長が倒れた時しばらく売上が落ち込んでも会社を維持できるお金、社長の退職金として必要なお金などがいくらなのかを計算し、トラブルがあったり代替わりしても会社を経営できるようお金を残すことを目指します。

このために、会社の税金と社長の税金を両方あわせて得になるような報酬金額や資産形成を考えます。

従業員の将来も考えるのであれば、退職金制度や保険への加入を検討することもできます。

6.相談相手になります

顧問契約のお客様からは、どんなご相談でも承ります。

「誰に相談したらよいかわからない」「こんなこと相談してよいかわからない」と悩んでいる間に、まずは私にご連絡ください。税理士には「守秘義務」がありますのでご安心ください。

ご相談は何度でも無料です。専門外のご相談と判断した場合は、弁護士、司法書士、社会保険労務士などを、ご相談内容に応じて紹介します。紹介料はいただきません。

お電話を受けられなかったりメールに即座に返信できない場合でも、平日24時間以内に必ず折り返しのご連絡を差し上げています。

 

サービス一覧はこちら