「書面添付制度」とは

「書面添付制度」とは、税理士が申告書作成にかかわる一定の項目について書面に記載し、申告書に添付して提出する制度です。

自社で会計データの入力を行っており、取引の根拠資料(通帳、請求書、領収書等)をすべて確認できるお客様を対象とさせていただきます。

書面添付のメリット

書面添付のメリットには、次のようなものがあります。

  • 書面添付をすると、税務調査が省略される可能性がある
  • 調査に移行したとしても、時間が短くなる可能性がある

書面添付がある申告書については、税務調査の対象となる前に、税務署から税理士に対し、記載内容についての意見を求められることがあります。

この段階で疑問点がすべて解決できれば、税務調査は省略されます。

また、調査に移行したとしても、すでに調査を行うテーマがわかっており短時間で終了することが多く、その場合、お客様の負担を軽減することができます。

書面に記載する項目

書面に記載するのは、次のような項目です。

  • お客様の会社にどのような資料、帳簿類が備え付けてあり、どの帳簿類をもとに計算し、整理し、申告書を作成したか
  • 今期大きく増減した科目の原因及び理由
  • お客様からどのような税務に関する相談を受け、回答したか
  • 税理士としてお客様の申告書内容について、どのような所見を持っているのか

書面添付は、税理士の責任で行うものですので、お客様に追加のコストが発生することはありません

詳しく内容をお知りになりたい場合は、ぜひ一度、お問い合わせください。